スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パリで”Do you speak English?”と聞かれたら気をつけろ!!

パリで日本人がよく遭遇する、あるあるの1つが”Do you speak English?”と聞かれることです


パリは日本人の観光客だけでなく世界中からいろいろな人があつまる都市です。 そのなかでやたら日本人が聞かれることが”英語喋れますか?”だ。 なぜ日本人ばかり尋ねられるのか、また目的は何なのか、そこで返事をしてしまったらどうなるかなどを書いていこうと思います。 
ここに書いた経験談はすべて私の経験です。1度だけわざと体を張って彼女らにひかかってみて検証してみました。

dff6109aadae8eefbbd1190a56463a33_s_convert_20141112154308.jpg



・なぜ日本人ばかり狙われるの?


これは簡単です。世界に比べて英語を話すことができない人が多いのに比べて、日本人は外国人とのコミニュケーションの勢いに弱いからです。日本人のステレオタイプに周りに合わせるというものがありますが、ここも日本人が狙われる理由の1つですね。 良くも悪くも日本人は世界からこんなふうに見られています。



・彼女らの目的は何なの?


彼女らの国籍は主にアジアが多いですね、彼女たちは母国のために募金をしてくれと言ってきます。 私の場合は 障害者のための募金と言ってました。 おそらくなんですが彼女らはその募金のお金で生活をしているように思えます。フランスには職につけずに苦しんでいる人はたくさんいます。 まぁ、細かいところは不明ですけど雰囲気があんなんじゃそう思われても仕方ないですよね、だって募金って自分からするものですからね、、、あんなに必死になられても困りますよ
最後には簡単なアンケートにサインと金額書かされ、はい、お金って感じですよね



・実際に彼女らと絡んでしまったらどうなるの?


これはもう対応が大変ですね。募金と言いつつ金よこせにしか聞こえません、ホントに、、、私が以前にパリに来た際に、わざと彼女らと話してみました。 なぜ彼女らがあそこまで必死に人に声をかけるのかと知りたくて。 私のつたない英語で彼女らの意見を聞いてみましたが、ほんとに金よこせにしか響かず何も言えませんでした。 そして帰ろうとしても”あなたのせいで母国にいる障害者たちはかわいそうだわ、だから募金して”とすごくしつこかったですね。本当の募金と信じるか信じないかはあなた次第です。



エッフェル塔の隣の公園にたくさんいるので訪れる際はお気をつけください



テーマ: パリ、フランス | ジャンル: 海外情報

"okmaps"オフライン地図で充実海外旅行! | Home | ケツポケに財布をいれて挑発し、バルセロナを周った結果!

コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。